燃える勢いのレビトラ!ED薬で速さで勝るバリフ

メニュー

即効性ならレビトラ

レビトラとは、世界的にも初となった1999年に誕生したバイアグラに次いで登場したED治療薬であり製造販売元となるのはドイツに拠点を置く製薬会社になり、外形の特徴として円形でありオレンジ色が特徴であり中身は白い粉末状となり又、本剤はどこの医療機関へ受診を行っても薬価に対する基準を未収載としているので健康保険を適応する事の出来ない自由診療となるので保険証を持たないで治療する事もでき薬価は用量規格により異なり10mgであれば1500円前後、20mgであれば2000円前後となり一錠の薬価が非常に高価な薬剤である事も特徴となります。
補足として、本剤は2004年の誕生なので特許の期間を満了していない薬剤でもあるので後発薬は存在しませんが、国際条約やその国の法律の関係上正しい位置付けはコピーですが薬価を1/10程度に抑えて内服する事の出来るバリフという同一成分の薬剤もあり薬価を抑える為に国内未承認薬に切り替え個人での輸入を行う方もいます。
フランス語の男性を現す定冠詞であるLEとラテン語で生命を意味するVITRAを組み合わせてLEVITRAとしこれは男性の生命を意味した商品名になり、薬剤のパッケージには炎の印が入っており、これはマッチの様に擦れば一瞬で火を灯す意味があり本剤は内服してから0.3時間程で効き目を実感出来る事から即効性に優れたED治療薬になります。
成分はバルデナフィル塩酸塩水和物となり、一錠当たりの総量は23.705mgになりこの内に含まれている成分用量が10あるいは20mgになり性質としては水あるいは99.5%以上のエタノールに対して溶けやすく血中への濃度が最高点に達するまでの時間は一時間を要せず0.8時間程とされ、同系統の中にはこの様な素早い効き目を期待出来る成分はレビトラのみとなり、上記補足で記載をしたバリフも同様に20mgの用量規格となるので掛かる時間は同じと考えられています。
本剤は局所的に作用する成分になるのであくまでも原因となる血流量の改善のみが効用となり、精力を亢進させる事や興奮を催す作用はありません。